機材・DTM

ビグスビーのバネをロングに交換したよ!

投稿日:2017年9月3日 更新日:

ビグスビーって単純な構造ながら、見た目のカッコ良さと相まってスゴく魅力に溢れたトレモロだと思いませんか?

カスタマイズパーツが販売されています

ビグスビーのカスタマイズパーツの存在ってご存知でしょうか?

弦交換を簡単にするもの、バネ.....
種類は少ないけれど、大分プレイに影響してきます^^

 

バネを通常からロングに交換したら驚きの結果が!

▼新旧バネ比較
ビグスビーのバネ

もう色からしてどちらが新しいか分かりますよね^^
長いほうが新しいものです。

 

サウンドハウスさんにて購入。
お値段は800円(税抜)でした。
Tension Spring 1" Stainless

Tension Spring 1" Stainlessという商品です。

画像を見ると少しの違いしかないように見えますよね。
どのくらい変わったかというと、今までボディと平行だったアームの位置が斜め上になるくらい高さが出ました(笑)

これによりアームのダウン幅が増しました。
シンクロをダウンさせたんじゃないかって言うくらい弦がベロンベロンになります。
その代わり、アップ幅が減ったので、僕がよくするスクウィールの攻撃力が下がりました(笑)

 

絶対につけておいたほうがいいパーツ

ビグスビーを使うなら一番怖いのって弦が切れる時ですよね?
クルンと丸めて小さい突起に引っ掛けて、巻いてる時に外れて......

僕も年末のライブで弦が切れてしまった時に焦って復旧がすぐにできなかったんですよね。

そこで見つけたこのパーツ!!

▼ビブラメートを着けておけばライブで弦が切れても簡単に弦交換ができちゃいますよ^^

ビグスビービブラメイト

  • この記事を書いた人

TORU

Candy and Trappyのギタリスト&作詞作曲を担当しています。 音楽を通じて色々な人と知り合いたいアラサー男子。ボーカロイドで楽曲の投稿もしています。

-機材・DTM

Copyright© Candy and Trappy , 2018 All Rights Reserved.