エフェクターボード作り

EV-30をHX STOMPのエクスプレッションペダルとして使用する設定方法を解説!

エクスプレッションペダルってたくさんありますよね。

 

あくまでマルチエフェクター内のワウペダルやワーミーペダル、ボリュームペダルを使うためのエクスプレッションペダルは、踏み心地に違いはあるもののサウンドへの影響はなし。

 

「サウンドに影響がないなら安いものにしたい!」という方は多いはず。

 

そこで今回、頑丈さと機能性を兼ね備えたコスパ抜群のBOSS EV-30を購入しました。

 

トオル
EV-30は信頼性の高いBOSSが販売する1万円程で購入できる定番のエクスプレッションペダルです!

 

このブログでは、HX STOMPにEV-30を接続する方法を解説してきます。

EV-30をHX STOMPのエクスプレッションペダルとして使う

エフェクターボードに設置したBOSS EV-30

 

EV-30をHX STOMPに接続して使用する手順を簡単にまとめると以下になります。

 

  • HX STOMPとEV-30をケーブルで繋ぐ
  • グローバルメニューで設定を最適化する
  • エクスプレッションペダルを使用したいエフェクターをHX STOMPで設定する
  • EV-30を使用できるように設定する

 

トオル
順番に見ていきましょう!

 

HX STOMPとEV-30をケーブルで繋ぐ

 

HX STOMPに1台のエクスプレッションペダルを繋ぐ場合であれば、一般的なシールドケーブルを繋ぐだけで使用可能なようです。

 

1台でエクスプレッションペダル2台分の役割を担える機種にエフェクターを複数割り当てて使い分ける、もしくはエクスプレッションペダル2台を使用する場合は、Yケーブルが必要になります。

 

EV-30にはステレオケーブルが付属しているので、こちらを使ってHX STOMPに接続しました。

 

EV-30に付属しているステレオケーブル

 

 

HX STOMPのグローバルメニューで設定を最適化する

トオル
ここからいよいよHX STOMPの設定をしていきます!

 

step
1
グローバルメニューを開く

  1. 「◁PAGE」と「PAGE▷」を同時押ししてメニューを開く。
  2. 「PAGE▷」で「Global Settings」を選択。
  3. 液晶画面下の3つのダイヤルのうち、「Global Settings」下のダイヤルを押す

step
2
Preferencesを設定する

  1. 「PAGE▷」で「Preferences」に移動する。
  2. 「EXP / FS RING」を画面下のダイヤルを回して「EXP2」に設定する。

    後述しますが、EV-30を付属のケーブルでHX STOMPに接続すると、EV-30のEXP1端子にケーブルを挿していてもHX STOMPは「EXP2」として認識します。

    ギター用のシールドケーブルを挿すとEXP1として認識されます。

  3. 「TIP Polarity」をダイヤルを回して「Inverted」に設定する

 

エクスプレッションペダルを使用したいエフェクターをHX STOMPで設定する

エフェクター設定画面

 

エフェクターを設定する画面を表示させ、エクスプレッションペダルを使用するエフェクターを登録します。

 

トオル
今回は例としてワーミーペダルを設定します!

 

step
1
ワーミーペダルを登録する

  1. 「VIEW」ボタンを押してエフェクター登録画面を表示する。
  2. ◁PAGEとPAGE▷の間にある「ロワーノブ」を押してエフェクターカテゴリーを表示する。
  3. 「Pitch / Synth」にカーソルを合わせて「ロワーノブ」を押す(=決定・選択)。
  4. カテゴリー内にある「Pitch Wham(ワーミーペダル)」を選択。

step
2
ワーミーペダルの設定を最適化する

トオル
ここは想定する使用方法に合わせて設定してください。

 

ワーミーペダルを追加した状態だと、デフォルトで「HeelPit(最低値)」が「-12」、「ToePit(最高値)」が「+12」に設定されていました。

Pitch Whamのデフォルト

初期設定では、エクスプレッションペダルを戻した時は入力された音の1オクターブ下、踏み込んだ時は入力された音の1オクターブ上が出力される設定になっています。

 

トオル
僕はエクスプレッションペダルを戻した時は入力音をそのまま出力したいので、「HeelPit」を-12から「0」に設定変更しました。

 

ちなみに、「Psition」はエクスプレッションペダルの動きと連動するパラメーターです。このブログで紹介しているEV-30を正しく接続できれば、ペダルの動きに合わせて0~100%まで動きます。

 

EV-30を使用できるように設定する

step
1
EV-30をHX STOMPに認識させる

  1. Pitch Whamのパラメータ「Psition」の下のダイヤルを長押し。
  2. 「PAGE▷」で「Learn」を選択。
  3. 「Press / move switch...」の指示に従ってEV-30を動かす。

    EV-30のペダルを動かしみましょう

  4. HX STOMPに「EXP〇(数字)」が登録されたのを確認。

    EV-30は「EXP2」として認識されたようです

トオル
以上で設定は完了です!EV-30を動かして、動作を確認してみましょう!

 

ペダルと連動してPositionが変動します

 

 

おわりに

マルチエフェクターはエクスプレッションペダル1つ接続するだけでできることが増えて楽しさアップ。

 

「エフェクターに興味あるけどなにを買ったらいいのか分からない」という方も、マルチエフェクター+エクスプレッションペダルで大半のことができちゃいます。

 

トオル
僕の人生初ワーミーペダルはHX STOMP+EV-30ということになりました!

 

無駄にワーミーペダルを使ったフレーズばかり作っています(笑)

-エフェクターボード作り

© 2024