機材レビュー

【レビュー】SUMO STOMP Long Tail #873を購入しました!

転売されていることでもおなじみのSUMO STOMP #873を購入しました!

 

かんたん説明

伝説の名器KLON CENTAUR(ケンタウルス)のシリアルナンバー873を”OUTPUTポットの挙動”を除き、完全に再現したエフェクターです。

 

KLONは40~50万円というプレミア価格で取引されています。

 

KLONの人気の高さと希少性から、国内外のエフェクターメーカーがこぞってKLONに基づいたエフェクターを発売していますが、その多くはアレンジモデル。”KLON本来の音”を求めるギタリストにとっては、高いクオリティで純粋に再現しているSUMO STOMP #873が選択肢の最有力となります。

 

SUMO STOMPは、33,000円という手が届きやすい価格で販売されており、また、国産メーカーということから非常に人気です。

 

トオル
KLONを所有している僕としては、一番SUMO STOMPで一番気になるモデルでした!

 

ということで、今回は僕の使用環境で試した際のレビューを書いていきます。

SUMO STOMP #873の購入理由とレビュー

購入した理由は盗難が怖いから

所有するオリジナルKLON

 

お金に困ったら売っていいよと実家に置きっぱなしのKLONは、音楽的かつ個性的な音色が魅力的。素晴らしいエフェクターですが、正直、外に持ち出すのはとってもリスキーです。エフェクターとしては大きな個体ですが、カバンにスッと入るくらいの大きさなので簡単に盗まれてしまいます。

 

トオル
日本のライブハウスって高い出演料の割にセキュリティーがガバガバなので、意外と機材の盗難被害が多いんです💦

 

盗んで売れば40~50万ですからね。目を離せば持って行かれます。

 

ということで、別のエフェクターでKLONの代わりとなるブースターを利用しています。それが、以前紹介したビンテージのTS-9を再現したSUMO STOMP #9です。

 

 

KLONが無くても満足していますが、やはりKLONを再現したエフェクターと聞くと胸が騒ぐのがロックギタリストというもの。

 

そして今回、ようやくKLONを忠実に再現したSUMO STOMP #873を購入できました!

 

KLONは大きな個体ですが、それを再現しているSUMO STOMP #873は非常にコンパクト。どうやら基盤を2段にすることで小さなケースに収めているようです。

 

音を出す前にブログ用の画像を撮影しましたが、早く音を出したくてウズウズしていました!!

 

トオル
実家にいた時から使用機材が大幅に変わったので、KLONが合うのか確認していきます。

音色はKLONと瓜二つ

SUMO STOMP公式Twitterでも紹介されていますが、サウンドについてはKLONを完全に再現しています。

 

 

ただ、僕のKLONとは若干音色が異なります。これが港で言う個体差=(多分)ポットの動作の差なんだと思います。

 

トオル
同じノブの位置で比較すると、若干音に違いがありますが微調整でOK。全てのノブをフル10で使う人は稀なので充分ですよね。

僕の機材には合わない・・・だと?

 

トオル
ENGL E570、ROCKMAN サスティナーともに、SUMO STOMP #9の方が気持ち良い音がします(笑)

 

中域成分周辺の特徴が共通のSUMO STOMP #873と僕のハイゲインアンプを合わせると、お互いの良いところを打ち消し合ってしまう印象です。これはもうちょっと音作りに時間を使ったり、他の機材と組み合わせたりすれば改善するかも。

 

とは言え、クリーンチャンネルのアンプとSUMO STOMP #873はやっぱり相性バツグン!音楽的でクオリティの高いクリーンサウンドが簡単に出てきます。

 

掛けっぱなしで使用するギタリストが多いのも納得です。

 

トオル
上記はメインギターのレスポールでのレビューです。ストラトで使用すると、耳に痛い成分が緩和され、芳醇さが増した音抜けの良いサウンドになりました!

 

誤解してほしくないのが、#873は大変すばらしいサウンドだということ。

 

練習スタジオにあるマーシャルアンプやフェンダーアンプ、マッチレス、5150など、高域成分がしっかりと出るアンプなら、これ1台あれば十分ってくらいに素敵なエフェクターです。

おわりに:僕が探すブースターが決まった!

SUMO STOMP #873を購入して、久しぶりにKLONのサウンドを出しましたが、やっぱり良い音ですね。

 

ただ、僕のアンプで好みの音を出すには、イコライザーとの併用が必須。ということで、#873はアンプを持参しない練習用やセッション用のエフェクターボードに設置し、それとは別にバンド用としてKLON系かつEQで低域、もしくは、中域成分のトーンを調整できるエフェクターを探してみたいと思います。

-機材レビュー

© 2022