未分類

バンドマンがSNSとライブだけで販売活動をするのはもったいない!利用した方がいいオススメのサービス3選

投稿日:

おはこんにちばんは。
CaTのTORU(@Toru_Candy)です!

 

バンドマンだけじゃなく、自主製作でCDを作っているミュージシャンってたくさんいますよね。

『曲を作る』『CDに焼く』などの工程が自宅で完結する現代ならではの手軽さが背景にあります。

 

せっかく作ったCD。
思い出作りならいいのですが、どっちかというと売れて欲しいですよね?
最低限、製作代金をペイできないと次に繋がりません。

 

どうしてこういう話をするかというと、YouTubeやTwitterで「新曲です!」という宣伝を目にするのですが、販売はライブ会場だけというのミュージシャンがとても多いと感じたから。

 

今日は、バンドマンやミュージシャン(以下バンドマンで統一)が登録しておいた方がいいサービスを紹介します。紹介するのは僕も利用しているサービス。サービスを利用するかしないで、かなりの違いが出て来ます。

現代のバンドマンはもはや必須!TuneCore Japanで販売をオススメする理由

なんで利用しないの?と聞かれてしまうくらいにメジャーな音楽配信サービスとなったTuneCore(チューンコア)。主要音楽配信ストアに自分の音楽を配信できます。

TuneCoreサービス利用料金

  • シングル:1,410円(税別)~
  • アルバム:4,750円(税別)~
  • リングトーン:1,410円(税別)~
  • YouTube コンテンツ収益化:1,410円(税別)~
トラッピー
シングルは1曲、アルバムは2曲~となっているぞ!

YouTubeコンテンツ収益化は、YouTubeに楽曲を登録するサービス。動画配信者があなたの曲を使って動画を配信したら、曲を作ったあなた自身にもお金が入ってくる仕組みだよ!

配信ストアの手数料を除く売上の100%が収益となる点も魅力

 

iTunesをはじめ、主要配信ストアで販売が可能!

上記画像は、配信可能なストアの一部。

キャンピー
有名な配信ストアはほぼ網羅しているよ♪

 

AmazonでCDをオンデマンド販売してくれる!

これが一番魅力的なサービス。
CDの製作ってすごく高いんですよね。

ポイント

100枚単位での受付をしている業者も多く、CDに表裏の2ページ(1枚の紙)ジャケット付100枚注文で平均で5万位~。
CD-Rの場合は安くなるものの、同じ条件で平均3万円位~。

レコーディング代などを含めると、1作品作るのにかなりの金額が掛かります。

 

もっと気軽に販売ができるように、TuneCoreのDOD受託サービス(オンデマンド販売)で経費削減しましょう!

オンデマンド販売とは

データを登録しておくことで、製作者は在庫リスクゼロで販売が可能になるサービス。注文があった場合、販売元が1個から製作、配送をしてくれます。

TuneCoreを利用したCDのオンデマンド販売の場合、『音源』『ジャケット』『歌詞カードなどの各ページ』などを登録しておくだけ。
DOD受託サービスの利用に別途料金も掛かりません。

キャンピー
CDを作る料金が節約できるのはかなり助かるよね!!

 

DOD受託サービスは、AmazonでCD-Rの形で販売され、販売価格は1,000円(税別)~となっています。
曲数が多いアルバムなどの販売に最適!デメリットとしては、作品が欲しい場合は自分で自分のCD-Rを購入する必要があること。

トラッピー
オンラインで完成品のイメージを都度確認できるから間違いが起きにくいのも良心的!

TuneCoreの登録方法

TuneCoreへの登録は『個人/法人の選択』『メールアドレス』『パスワード』『規約に同意へチェック』で完了。以下のバナーで登録に進めます。

 

【番外編】TuneCoreでの売上を公開

上記の画像はTuneCoreの利用を開始した1st Single『夢までの距離feat.初音ミク』の確定レポートにある収益合計金額。

ストアによって30日~120日と確定日の反映に開きがあります。(速報レポートで確認可能)

ちなみにDOD受託サービスは確定までの期間が約60日。販売後、すぐにお金を手にできないことは頭のどこかに入れておいてください(笑)

ビジネスみたいな話ですが、製作代金<売上にならないと次の作品が作れません。

キャンピー
CDを販売を決めると、「聴いてくれるだけで嬉しい!」っていう思いと「バンドのために買ってほしい!」っていう思いが同居する不思議な気持ちに。

販売できる場所が増えたら、それを認識してもらうためにSNSを頑張るのも大事♪TORUはブログを頑張ってるみたい!

1st Single製作にかかった費用は以下の通り。

製作代金(税込)

  • ドラムレコーディング:8,964円
  • エンジニア:6,750円(表題曲のみ)
  • TuneCore登録:5,130円
  • 絵師とのさんへの差し入れ
トラッピー
TuneCoreを利用したことで、1作品を製作販売する費用を節約できたんだ!費用を抑えることで、販売へのハードルをグッと下げることができるぞ! 

Candy and Trappyは、TuneCoreによる『配信』『DOD受託サービス』と『自主製作CD』を併用して販売しています。
サービスの利用は当然先払いなので、なんだかんだ言って販売したお金はすぐ欲しい(笑)
活動資金を確保するためにも『自主製作CD』を併用するのはアリだと感じました。

キャンピー
購入してくれたみんな、本当にありがとうございます!



無料配信も可能、グッズのオンデマンドも対応するBOOTH!

先日ブログで書いたBOOTH。

BOOTHについては、上記リンクのブログ記事で細かく書いているので、ここではざっくりと。

BOOTHをおススメする理由

  • 無料配信に対応
  • デジタルコンテンツでも支払い方法が柔軟
  • ピクシブファクトリーとの連携でグッズのオンデマンド販売が可能
  • 月額無料かつ販売手数料が3.6%と安い
  • Twitterアカウントでログインができる

デザインが出来る人や写真が好きな人にとってもってこいのサービスがBOOTH。

無料配信ができるところとデジタルコンテンツもコンビニ払いに対応しているところは特筆すべきところ。

トラッピー
『サイダーfeat.雛乃木まや』を購入してくださった方の約3割がコンビニ払いを選択してるよ

 

ココナラで技術を売り買いしよう!

ココナラは「得意=技術」を売り買いできるサービス。『ミックス』『演奏』『作曲』『作詞』『仮歌』など音楽関係のサービスもたくさんあります。

 

収入を得たり、できないことをしてもらうことにピッタリなココナラ。
Candy and Trappyのメンバーの他、僕も個人的に仕事で使っています。

ポイント

  • プロが格安でサービスを提供している反面、素人同然の人も出品しています。
    ⇒しっかりと評価とサンプル、説明欄を確認したほうがいいです。
  • お仕事を得たい場合は、評価が集まるまで「お試し価格」を設定し、条件も購入者に寄り添い全力を出し切る。
    ⇒評価が無いのに、評価がある人を基準にしている人が多い。例えば評価がある人が『お届けまで10日』『5,000円』で出しているのと、評価が無い人が同条件で出しているのでは信用性が違うので基本売れません。

ひとつづつ見ていきましょう!

サービスを購入する場合は見定めを慎重に!

ココナラではプロから趣味の人まで多くの類似サービスが出品されています。
選ぶのに時間が掛かってしまうので先に予算を決めておくとスムーズ。

その上で次に見ることは以下の通り。

かんたん説明

  • 評価
  • 納期
  • オプション

特に注意するところが評価です。
例え高評価がたくさんあったとしても色んな意味が込められてますよね。

  • 「いいサービス」という評価
  • 「この値段なら納得」という評価
  • サービス内容に触れていない

狙うのは値段以上のサービスですよね?

僕がココナラを始めたころの経験を元にすると、高評価メッセージの多くが人柄を褒めたものだった場合は技術的には高くない人が多かった印象があります。販売実績が複数あるのに、評価が無い出品者にも注意が必要。

逆に、評価メッセージに複数回購入した旨のメッセージがあるとかなり信用性が高いです。

ココナラで収入を得たい場合は売り文句を考える

音楽関係は趣味で凄腕が多いため、ただでさえライバルがたくさんいます。
僕より年下で僕よりうまい人が星の数ほどいるのがこの世界。

 

しかし、ココナラでは売れるが正義。
例えばギター関係で出品するなら、技術だけじゃなく機材を売り文句に集客するのもありです。
『kemperでプロファイリングします!』とか『リアンプで本物のアンプを使いマイク録音します!』とか。

 

他のギタリストと比べて自分がアピールできるポイントを見つけて、訴えかける感じで出品するといいと思います。

先のポイントに書いたように自分の用事よりも購入者を優先するくらいの意気込みが大事。なぜなら、購入者が支払い手続きをした時点でそれは仕事。しっかり購入者の方に向き合って全力で良いものを提供!

 

ココナラの登録はこちら

キャンピー
登録画面で「9cdy7v」を入れると300ポイントもらえるよ♪1ポイント=1円で使えるから是非利用してね!



最後にバンドマンが販売を行うことについて僕が思うこと

頑張れば収入に繋がる今の時代に生まれてよかったなぁって本気で思います。

売れたら嬉しいし売れなかったら悲しい。
サービスを利用すればリスクがゼロに等しいから、結果を見て一喜一憂するだけ。

 

イラストを描く絵師さん、動画を作る動画師さん。カメラマンさん。
バンドマンに近しいクリエイティブな人たちは作品や技術を売ることに前向きな人が多いです。
曲を作って演奏する俺たちバンドマンもクリエイターなんだぜ?

お金を得ることに前向きになろうぜ!

そんでエリクサー弦を全部のギターに張れるぐらい目指そうぜ!

 

  • この記事を書いた人

TORU

Candy and Trappyのギタリスト&作詞作曲を担当しています。 音楽を通じて色々な人と知り合いたいアラサー男子。ボーカロイドで楽曲の投稿もしています。

-未分類

Copyright© Candy and Trappy , 2018 All Rights Reserved.