未分類

SNSの一歩先を行く新型プラットフォームnoteで他のミュージシャンと差別化する

投稿日:


おはこんにちばんは。
CaTのTORU(@Toru_Candy)です!

 

ブログやウェブショップをまとめたい!というミュージシャンも多いと思います。
1つにまとめた方が管理も楽ですし。

 

そこで紹介したいのが「note」。
ブログから派生したnoteはSNSよりも守備範囲が広いサービスです。
コンテンツ販売の他、月額制のファンクラブ化もできるなど、今から始めるならブログよりもnoteの方が良いんじゃないかと思えるサービス内容となっています。

月額無料から使える点も嬉しい!

今回はnoteのサービスをご紹介します!
それでは見ていきましょう!

noteはブログ・ショップ・コミュニティの代わりになる!


noteはテーマのカスタマイズ性は低いです。まっさらなノートに文字と画像がある感じ。ただ、シンプルなデザインゆえに文章好きな人が集まる印象を持っています。

 

noteではさまざまなコンテンツを公開できる

 

キャンピー
noteはこれらのコンテンツを「ノート」と呼んでるよ

 

コンテンツの説明

  • トーク ⇒ Twitterのイメージ
  • イメージ ⇒ 画像
  • テキスト ⇒ ブログ
  • サウンド ⇒ オリジナル音源
  • ムービー ⇒ 動画(Youtubeなどとと連携して投稿ができる)

 

noteは「ノート」を100円~10,000円(プレミアム会員は50,000円)で販売することが可能なので収益化に繋がります。

 

キャンピー
「ノート」は1つずつ無料と有料を自分で決めたり、プレミアム会員になれば数量限定で販売できたりするよ♪
トラッピー
ブログ(テキスト)の場合は「前半は無料」で「後半は有料」と分けた販売方法もできるんだ!

noteでファンクラブを作ろう!

noteにはノートをまとめた「マガジン」という形式があります。
マガジンもノートと同様、無料と有料に分かれているほか、『定期購読マガジン』を作れるのがポイント。

かんたん説明

定期購読とは、月額課金制のことを指しています。

 

定期購読マガジンを利用するには月額500円のプレミアム会員登録が必要です。

ちなみにプレミアム会員になると以下のことができます。

プレミアム会員ができること

  1. 定期購読マガジンの申し込み
  2. 共同でマガジンを作れる
  3. 予約投稿機能
  4. 作れるマガジン数が通常21個から1000個に増える
  5. コメント欄のON/OFFの切り替え
  6. 数量限定販の設定
  7. 販売価格の上限を10,000万から50,000万にアップ
  8. Amazonウィジェットの追加

良いことばかり書いていますが、注意点もあります。

noteとブログの違うところ

noteにはアフィリエイトやアドセンスといった広告を掲載することができません。

ブログは広告を掲載しなければ無料で投稿しているだけ。
そのため、広告を掲載することで収益化を図っています。

noteはブログの真逆。
ブログ記事を有料販売できるため広告は載せられないんですよね。

 

noteはオリジナリティを出すことが難しいところ以外はメリットが多いです。

 

先にも記載した通り、文章が好きな人が多い印象があります。
それを踏まえて文章をちゃんと書く意識は持った方が良いかなとは思います。

 

「これからブログをはじめようと思っている」「他社からの乗り換えを検討している」「将来的に販売も視野に入れている」という方は無料と有料をひとつのサービスで使い分け出来るので、noteは非常におススメできるサービスです。

noteホームページ

まとめ

『バンドマン(ミュージシャン)が音楽でお金を稼ぐ方法』というテーマのもと、僕が使っているサービスを3回に渡ってご紹介してきました。

関連記事


バンドマンがSNSとライブだけで販売活動をするのはもったいない!利用した方がいいオススメのサービス3選

おはこんにちばんは。 CaTのTORU(@Toru_Candy)です!   バンドマンだけじゃなく、自主製作でCDを作っているミュージシャンってたくさんいますよね。 『曲を作る』『CDに焼く ...


腕試しにも最適!バンドマンが可能性を広げるために登録するべき「オーディオストック」をご紹介!

おはこんにちばんは。 CaTのTORU(@Toru_Candy)   前回と今回の記事テーマは「バンドマンが販売活動を行うために登録した方がいいサービス」 前回のブログ記事の閲覧数が多くて驚 ...

多くの方に読んで頂けて嬉しいです。ありがとうございます!
一方、私用で2日ほど間が空いてしまい申し訳ありませんでした。

次回からは通常営業です(笑)
気になる機材やCandy and Trappyのことなどを書いていきます。

引き続きよろしくお願いします!

ではでは(@^^)/~~~

  • この記事を書いた人

TORU

Candy and Trappyのギタリスト&作詞作曲を担当しています。 音楽を通じて色々な人と知り合いたいアラサー男子。ボーカロイドで楽曲の投稿もしています。

-未分類

Copyright© Candy and Trappy , 2018 All Rights Reserved.