機材・DTM

ブラックフライデーで買ったプラグイン

投稿日:2017年11月24日 更新日:

久しぶりに1週間程ブログが空いてしまいました💦UTAU関連で複数の絵師さんや動画師さんと打合せしたりでついつい後回しになっていました。早く色んな人に聴かせたい。動画完成が待ち遠しい✨✨

さて、ブラックフライデーでたくさんのプラグインを購入しました。DTMをちゃんと覚えようと思って3ヶ月。ギリギリになってDTMソフトはブラックフライデーで買うべしという情報を得たんで予算の確保が難しかったです。。。ただやっぱり普段購入する値段とは比べるまでもなく安かったです。安すぎたので、リストにまとめたもの以外で気になったものを購入したりしました💦年末は支払いでお財布が寒くなることでしょう(笑)まだセールは各社続くのでなんか買ってしまいそうで怖いです・・・

入手したもの

WAVES

・Doubler
・Vocal Rider
・CLA Unplugged
・NS1
・VUメーター(無料)
・Renaissance Bass(特典で無料)
・Maserati ACG(特典で無料)

購入金額が一回で合計150ドルを少し超えたので、特典として2つの無料プラグインを選択できるという特典を利用することで、Renaissance BassとMaserati ACGを入手しました😆当然かもしれませんが、やっぱりDTMソフト内臓のプラグインよりも制度が高いですね。ちなみに一度に80ドル以上の購入で1つプラグインがもらえます。

 

WAVESは操作も単純明快なのが多くて大好きになりました!どれも最高ですが、CLA UnpluggedとMaserati ACGはピアノやアコギに使うと「もうこれでいいじゃん!」ってなります(笑)CLAは気になっていただけで入手する予定はなかったんですが、まとめ買いでどんどんお得になるWAVESに乗せられたのともう少しで150ドルというところだったんで購入してみました。結果、購入して良かったです。これが良かったんで、アコギ専用のMaserati ACGを特典で入手に至りました。

 

そして低音が足りなかったUTAU曲。なんとか低音をと思って色々試行錯誤して、次の曲は一番MIXが良いものかと思うのですが、Renaissance Bassがあれば簡単に低音の迫力が出せます。もっと早く買っといても良かったかも。

WAVES HPはコチラ

 

XLN Audio

・Addictive Drums2 Custom

初のドラム音源
ブラックフライデーセールで全品50%OFF😆

 

まで、フィル以外は五線譜を表示してマウスでポチポチ打ち込んでいたため何時間も掛かっていました💦でも、Addictive Drums2は内蔵の豊富なフレーズを張り付けてちょっとアレンジしたり、フィルを打ち込むだけ!ぶっちゃけ30分掛からず一曲分作れるようになりました

 

自作のMIDIフレーズも登録できるし、フレーズ選びも時間が掛からなくてとても楽です😆あとはSonar内臓のSession Drumer3などのお気に入りのMIDIフレーズを登録しておけば、他のDTMソフトに移行した後も使えますし良いことだらけ。

XLN audio HPはコチラ

 

Soundtoys

Little Plate(無料)

プレートリバーブの名機「EMT 140」ハードウェアリバーブをエミュレートしたLittle Plateが、通常価格99ドルのところ、限定で無料になることで結構話題になっていました。有料を無料にってどんだけ太っ腹だよ

細かい設定は出来ないんですが、使える範囲に絞られているんで最短でいい結果になります😆

 

PreSonus

Studio ONE3 Professional

DTMソフトが半額ってどんだけ嬉しいことか!お得感が半端ない!サクサク動くって素晴らしい!

今まで使っていたSonarは比較的重いソフトなんです。そのため使いたいプラグインが使えなかったりとかあったんで、結構ストレスではありました。でも改めてSonarって譜面は作れるわあれができるはこれはできるわって正に最先端だったんだなぁなんて思った次第。

これからもMIDIの譜面入力や楽譜作成では使っていきますよ~

PreSonus HPはコチラ

 

まとめ

僕は曲を作りたい人であってMIXとかは必要に駆られてやっていますが、やるならしっかりこなしたいというワガママBOY(笑)今回のセールで購入したものはどれもクオリティアップと時短に繋がるので購入してよかったなぁの一言に尽きます。

これから一つずつ比較用の音源を作りながら生意気にレビュー的なことしようかと思っています。切り口は「初心者DTMerが購入して感動したシリーズ」なんていかがでしょうか❓❓

ではでは~(@^^)/~~~

  • この記事を書いた人

TORU

Candy and Trappyのギタリスト&作詞作曲を担当しています。 音楽を通じて色々な人と知り合いたいアラサー男子。ボーカロイドで楽曲の投稿もしています。

-機材・DTM

Copyright© Candy and Trappy , 2018 All Rights Reserved.