機材・DTM

僕が宅録するときのギター機材

投稿日:2018年7月6日 更新日:

50s Gibson lespaul standard


おはこんにちばんは。
Candy and TrappyのTORU(@Toru_Candy)です!

宅録が一般的になってどのくらい経ちますかね?
僕がDAWを購入した頃にはすでにDAW(DTM)やギターアンプシミュレーターなどの話題が雑誌などでも特集されていました。

そして、ここ1年位で僕にも変化が!
MTR代わりに使っていたDAWをちゃんと学び始めると同時に、ギター周辺機材も買い足してます。

ということで💡
本日は僕が宅録するときに使う機材やソフトを書いていきます📝

これから始める方にもオススメ!Amplitube4

大人気のAmplitube4
音は結構リアルで無料版もあります💡
初めてアンプシミュレーターのソフトを使う方であれば、音の質感や設定のし易さに驚きます。
何より、画面を見てテンションが上がります(笑)

Amplitube4は入れ物
Custom Shopで自由にカスタマイズ可能!

無料版でも十分なギターサウンドがレコーディング可能!アンプメーカー公認のものも販売されていて、それについては「もうアンプ要らないんじゃないか?」レベル。

Amplitube4は入れ物という捉え方が合っていると思います。
それを自分好みにカスタマイズしていくのがCustom Shopというソフト。

AmplitubeとCutom Shopの関係性をスマホで例える


Amplitubeは買ったばかりのスマートフォン。
最初は必要最低限のアプリ(シミュレーター)が入っている。

Custom ShopはGoogle Play。
必要に応じてスマートフォン(Amplitube)にアプリ(シミュレーター)を入れていく。

アンプに限らず、エフェクター関係もメーカー公認のものが販売されています。
(引用:IK Mutimedia

無料版とは一線を画すクオリティ(再現度)で、自分の好きなメーカーがAmplitube4にあるのならホントにおすすめ★
Custom Shopの製品は、期限が設けられていますが全て無料で試すことで可能。
デモ版は一定間隔でノイズが入ります。

ノイズが出る場合、AmplitubeとCustom Shopの両ソフトを同時に立ち上げることでノイズが消えるので、デモを試すときは必ずCustom Shopも一緒に立ち上げて下さい。

すべて(2016年2月現在分)のAmpliTube Custom Shopのギア・モデルが含まれているAmplitube MAXも販売されています。

ちなみに僕の弾いてみた動画だと、森山直太朗さんの夏の終わりでAmplitube4を使っています。

この動画で使ったギターサウンドの設定は下記ブログに載せています📝

IK Mutimediaサイト

これが最高峰!
アンプ実機+Two Notes Torpedo Live

アンプシミュレーターなどにお金を掛けるなら、アンプ+Two Notes Torpedo Liveという組み合わせを考えてみるのもアリ🎸

上記動画「夢までの距離feat.初音ミク」については下記をどうぞ📝

アンプシミュレーターを購入しても”デフォルト”を作っちゃうんで、結局使うアンプは固定されてきます。
それならアンプ実機でいいじゃんということに。灯台下暗しみたいですね(笑)

近年小型の真空管アンプが人気💡
でも、真空管アンプなので音量を大きくしないと美味しいサウンドが出ない💦

家だと大音量で鳴らせないよ~!!

ということで登場するのがTwo Notes Torpedo Live


(引用:日本エレクトロ・ハーモニクス

Two Notes Torpedo Liveを使うことで多くのメリットがあります。

Torpedo Liveのメリット

1.)エンジニアさんにセットしてもらったかのよう
⇒マイクセッティングに経験がないならTorpedo Liveを使った方がいい結果になるかも

2.)宅録以外にもライブでも使用できる
プリアンプやアンプヘッドとTorpedo Liveを持ち込めば、どの会場でもいつもの音(エフェクターの調整は必要だけど)で演奏できる。


日本エレクトロ・ハーモニクスサイト

まとめ

アンプやエフェクターが無くても、パソコンやスマホでいい音が作れる時代!
ただ、Two Notes Torpedo Liveを試したときはあまりの完成度にちょっとした衝撃でした(笑)

「Amplitube」「Torpedo Live」ともにハイクオリティの製品なので、機会があれば是非試してみて下さい!

ではでは~(@^^)/~~~

  • この記事を書いた人

TORU

Candy and Trappyのギタリスト&作詞作曲を担当しています。 音楽を通じて色々な人と知り合いたいアラサー男子。ボーカロイドで楽曲の投稿もしています。

-機材・DTM

Copyright© Candy and Trappy , 2018 All Rights Reserved.