機材・DTM

フレット磨きに便利なメンテナンスグッズ!

投稿日:2018年5月18日 更新日:



みなさんはギターのフレット磨きってどのくらいの頻度で行っていますか?
僕は弦交換のタイミングでゴシゴシと綺麗にしています。

フレットがくすんでいたり、凹凸があったりするととても弾きにくいですよね。
特にスライドやチョーキングはフレットが滑らないと演奏しにくいです💦
それにフレットは音程に関わる大事な部品。
有名なギタリストやバンドのライブを見に行くと、ボディとは対照的にフレットはピカピカだったりします。

今日は、先日入手したフレット磨きに便利なメンテナンスグッズをご紹介します!

フレット磨きはめんどくさい

ギターにピカチュウがたくさん!

toruさん(@toru.candy_and_trappy)がシェアした投稿 -


フレット磨きは『研磨剤』『クロス』『マスキングテープ』が必要です。
見出し画像のようにマスキングテープを貼るのが非常にめんどくさい!(笑)
でも、マスキングテープを貼るのが一番技術が必要なところだったりします。.

Point 研磨剤に注意!

研磨剤は、表面の汚れを”削る”ことで綺麗にします。
フィンガーボードに研磨剤が付いた状態で磨いてしまうと、木部を痛めてしまいます。

マスキングテープは100均でも売っています。
研磨剤で磨くと、かなりの汚れが付着するので、クロスは安物の方がいいと思います。
ちなみに僕はクロスではなくキッチンペーパーを使っています(笑)

フレット磨きに最適な『フレット磨きプレート』

見たまんまで、フレットにはめて使うメンテナンスグッズです。
説明書もいらないですよね。

太いものと細いものの2枚のプレートがセットになっています。
下の画像を見てもらうと分かる通り少し隙間が空くんですが、様々なフレットのサイズに対応するための仕様です。

ギターのフレット磨き!このグッズすごい便利!

toruさん(@toru.candy_and_trappy)がシェアした投稿 -


隙間が空いてしまうので、一気に研磨するのではなく、片側ずつ隙間を無くして研磨するのが吉。

少しずつ綺麗にしていくのでいつもより丁寧にできました✨
お部屋と一緒で、ギターも綺麗になるととても気持ちが良いです✨
とても便利なグッズなので、メンテナンスグッズのお供にどうぞ~

↓消耗品でしばらくすると買い替えは必要ですが、こちらはマスキングテープなどはいらないのでおススメです。

  • この記事を書いた人

TORU

Candy and Trappyのギタリスト&作詞作曲を担当しています。 音楽を通じて色々な人と知り合いたいアラサー男子。ボーカロイドで楽曲の投稿もしています。

-機材・DTM

Copyright© Candy and Trappy , 2018 All Rights Reserved.