機材・DTM

Headway / UNIVERSE SERIES HEC-48を買ったんだ

投稿日:

(引用:ヘッドウェイギターズ)

仕事がひと段落してから10日程ニートをしていましたCandy and TrappyのToru(@Toru_Candy)です。フリーランスで働くことは、自由というメリットが生まれる反面、より社会人以上にビシッとしていないとただのニートになります(笑)好きなことと勉強に充てようと思っていたのですが、あまりにも自由過ぎて何もやる気が起きませんでした将来、子供がニートか引きこもりになったら、少しは気持ちを分かってあげられそうです。

去年の年末からフル稼働だったため、ここいらでドドッとお休みをさせてもらったわけですが、この休みを利用して、宮っちとイケベ楽器リボレ秋葉原店に行ってきたよ

スネアの購入!

最初はスネアから見ていきました。

Twitterを見てもらうと分かると思いますが、イケベ楽器リボレ秋葉原店ではスネアをしっかりと試せるように防音室にドラムセットがあります!!
ドラマーにとってかなり嬉しいと思います。だって宮っちがとても笑顔だったから(笑)


マスク取ってもらえばよかった....
目が笑ってまっす✨

Headway / HEC-48


僕も買いましたよ~
購入したのは、HeadwayのUNIVERSE SERIES HEC-48というモデル。
イケベさんでのもとの価格が48,000円(税抜)。これが数量限定で27,500円(税抜)!!
この値段はかなり安いですよね

UNIVERSE SERIESってなに?

ヘッドウェイは日本で生産される機種と外国で生産される機種があります。ユニバースシリーズは海外生産の低価格機種です。僕が購入したHEC-48はインドネシアにて製造されたとの表記がありました。

作りはどう?


部品は安いものが付いているものの、木工部分はしっかりしていて安心できます。
オクターブやフレット処理もバッチリでビビりもありません✨
さらに、フィッシュマン“Isys+”(ピックアップ)が搭載されているのでかなり高音質なエレアコサウンドが楽しめます。

この値段でこの音が出せちゃうんだ....と感動しています✨

エレアコを購入するにあたり、7万という予算の元、色々な機種を試しました。その中でいうと、ネックは結構太目です。僕のWarmothストラトに触れたことのある方はご存知かと思いますが、エレキもかなり太いネックを使っていることもあり、とても気に入ってます

これからアコギのレコーディングでっす

これまでアコギを持っていなかったので、ボカロ曲に関しては今までBOSSのAC-3を使ってアコギパートを録っていました。それ以外はスタジオのレンタル機材に新しい弦を張ってもらってマイク録音。これからはHEC-48と自前のコンデンサーマイクを使って、宅録でもアコギが録れるのがとても嬉しい!!!

アコギのレパートリーが自分の曲しかないので(笑)今行っているCandy and Trappyと依頼分を録り終わったら、レパートリーを増やしていきます。
YouTubeやTwitterにアップしていくので応援よろしくお願いしますm(_ _)m
チャンネル登録

ではでは~(@^^)/~~~

  • この記事を書いた人

TORU

Candy and Trappyのギタリスト&作詞作曲を担当しています。 音楽を通じて色々な人と知り合いたいアラサー男子。ボーカロイドで楽曲の投稿もしています。

-機材・DTM

Copyright© Candy and Trappy , 2018 All Rights Reserved.