キャンP

『解くのはいつも君だけ』公開しました!

投稿日:2017年12月14日 更新日:

先月から取り組んでいました曲、「解くのはいつも君だけ」を公開しました!僕にとっては珍しく暗い感じとなっています。たまにはこういう曲も良いかなぁ・・・なんて思いつつ作りましたが、出来てみると、正直スゴイ好きな曲になりました😆

さっそく聴いてみて!


僕の作る曲って、どっちかっていうと明るい曲調が多いかなって思うんです。マイナーコードあんまり使いません的な(笑)今回の「解くのはいつも君だけ」は結構意識的にマイナーコードを入れました。

歌詞が暗かったので、暗くしたなぁなんて思っていたのですが、性格的なものなのか、受けた音楽の影響なのか、そこまで暗くなりませんでした😆これが僕の暗さの限界でっす💦

 

曲作りの参考にしたモノ

漫画NARUTOの主人公ナルトのライバルであり親友のサスケが復習に燃えていたのを参考に作りました。というか、ちょうど気分的にサスケに同調できるくらい気持ちが沈んでいるときに作詞したんで、ちょっと暗め。

イラストはキャンPをデザインして頂いたとの様に描いて頂きましたTwitterなど非公開なので詳しく紹介ができないのが残念ですが、「そのうち!」とのことでした。早く紹介したい

 

動画は当初、動画師さんが担当してくれるはずでしたが、体調を悪くしてしまったので、次回曲に持ち越し。今回は僕がやることになりました💦フォトショップで切り抜いたり、ソフトで動かしたり。勉強時間入れて6時間程掛かりましたが、すっごく良い経験になりました✨

インターネットが普及しているお陰で、「こういうことしたい」のやり方が簡単に分かるので、ボカロMVの作成が初めての僕でもここまでできました😆

 

使ったギター機材はこんな感じ

今回のサビとソロのバッキングではアンプやアンシミュは使っておらず、上記ツイートの通り、ディストーションをそのままiRig Proに繋いでレコーディングしました。

 

ギタリスト友達にはお馴染みのMenatone / King of the Britains

クリーントーンはRockman / XPRとT.C electronic / G major2のコーラスを組み合わせました。

リンク先

◆オフボーカル&未マスタリング音源
https://goo.gl/UFUHx3

 

最後に

ブラックフライデー

ブラックフライデーで購入した多くのプラグインやStudio ONE3。今回はこれらを使っていない最後の曲になりました😆使う前に、とのさんや動画師さんに渡していたんで、もう完成しちゃっていたんです。ある意味、個人的に勉強の集大成かつSonar卒業みたいな思い入れのある曲になりました。

お手すきの時にでも、是非聴いて下さい!

 

  • この記事を書いた人

TORU

Candy and Trappyのギタリスト&作詞作曲を担当しています。 音楽を通じて色々な人と知り合いたいアラサー男子。ボーカロイドで楽曲の投稿もしています。

-キャンP

Copyright© Candy and Trappy , 2018 All Rights Reserved.