音楽

HanaHさんのソウルフルなのに日常に溶け込む心地いい音楽を聴いてほしい

投稿日:2018年9月3日 更新日:

1日2時間は音楽を聴いています。CaTのTORU(@Toru_Candy)です。

話題になっている曲やランキング上位の曲を聴き、そのアーティストが影響を受けたと公言している人の曲や似た音楽を聴いていく。

こうして遡っていくと、「ジャンルがどのように変わってきたのか」「ここの影響からこっちに来たんだ」といった発見もあって楽しいです。

 

今日は、曲を聴いていく流れで出会ったHanaH(現在は”Hanah Spring”名義)さんの『Soulflower』をご紹介したいと思います。シンプルで流れるような曲調。

耳馴染みがいいのに、HanaHさんの歌い方やコーラスの使い方でとても曲の印象が残ります。歌詞は何気ない日常のシーンを思い出し共感できるし言葉選びもセンス抜群。リピート必須です。

僕がHanaHさんを好きな理由

ざっくりと

  • ソウルフルな歌声と表現力に聞き惚れる
  • 生活における様々なシーンを思い出し感情移入できる
  • スッと入って来るので自然とリピートしてしまう

HanaHさんは現在、Hanah spring名義で活動中。MISAさんの「星空のライヴVII-15th Celebration-」にバックコーラスとして参加したので、ご存知の方もいらっしゃると思います。

『my girl』
この1曲でアルバム「Soulflower」の魅力が伝わる

『my girl』

アルバム『Soulflower』は、YouTubeにアップされている”my girl”でその魅力を確認できます。
アルバム全体がシンプルな楽器構成に特徴あるボーカルやコーラス、そして背景を想像できる歌詞で統一されていて1つの物語を見ているようです。

 

キャンピー
アコースティック楽器を中心とした穏やかな曲調で、アルバムを聴いている間は心がずっと静かでいられるところが好き。少しダークさがあるHanaHさんの歌声もSoulflower収録曲と相性抜群でより一層曲の魅力が増してるよね!

 

不思議なのが、BGMとして聞き流してもいいし、じっくり聞いてもいい。
聴くシーンに合わせて曲が変化しているよう。

iTunesでは1曲200円(アルバム1,600円)で販売中。アルバム視聴ができるので聴いてみてね。

  • この記事を書いた人

TORU

Candy and Trappyのギタリスト&作詞作曲を担当しています。 音楽を通じて色々な人と知り合いたいアラサー男子。ボーカロイドで楽曲の投稿もしています。

-音楽

Copyright© Candy and Trappy , 2018 All Rights Reserved.