ディズニー 弾いてみた 機材・DTM

YouTubeにアラジンの主題歌『ホールニューワールド』をアップしました!

投稿日:

サムネイル

どうも!
Candy and Trappyの伊藤徹(@Toru_Candy)です。

タイトルの通り、ディズニー映画の名作であるアラジンの主題歌『ホールニューワールド(A Whole New World)』をYouTubeにアップしました。

トオル
アラジンは僕が初めて見たディズニー映画。小学生のとき、おじいちゃんちで見てからずっとディズニーが大好き✨

僕にとって初めての映画音楽であり、初めて洋楽に触れた思い出の曲。そんなホールニューワールドを自分なりにアレンジをしてるときの楽しみったら!

今回は、弾いてみたで使用した機材と曲について書きます。

トオル
いわゆる忘備録ってやつです(笑)

2部構成のホールニューワールド

今回の弾いてみたでは、”アコースティック・バラード””ロック・ポップ”アレンジの2部構成になっています。

キャンピー
ホールニューワールドは色んなミュージシャンにカバーされているよね?
トラッピー
バラード、ロック、ジャズetc...

いろんなアレンジがされていて、そのどれもがしっくりくる不思議な曲だからTORUも迷ったみたいだ。

僕は練習前にソロギターを演奏して指を温めることもあり、ソロギター風のホールニューワールドにバッキングトラックを用意したものと、Candy and Trappyで良くやるホーン系音色を使ったロックなものの2種類。好きなアレンジを詰め込みました。

上記のツイートは2つのアレンジを抜粋。
聴いてくれた皆さんはどっちのアレンジが好きですか?

トオル
YouTubeのコメントで教えてください!

ホールニューワールドで使用した機材

機材一覧(リンクでブログに飛びます)

RockmanとMarshallはライン録り。

キャビネットシミュレーターにTwo NotesのWall of Sound3を使っています。
Rockmanはアンプのリターン挿しです。

アンプの使い分け

ROCKMAN SUSTAINOR

Rockman model 200

Rockmanはクリーントーンで使用しました。モードはCLN1。Warmothストラトのリアピックアップでトーンを少し絞って鳴らしています。

キャンピー
アナログマンのコンプレッサーを薄く掛けてるよ★

 

Marshall 2525H

ロックアレンジのバッキングとリードパートはMarshall 2525Hです!

バッキングは、クリーンチャンネルのアンプをBrown featherで歪ませています。一方、リードパートでは、アンプで歪ませてHoney bee ODでブースト。Honey bee ODの少し音に丸みが出る特徴を活かして耳障りを良くしています。

honey bee

BJF Honey bee

Amplitube4

ロック編のサビに当たる部分で「なんか足りないなぁ」と考えた末入れたタッピング。実はこのパートが一番最後に入れたギターパート。

パッと閃いてパッと入れました。
Peavyの5150をシミュレートしたものを使用しています。

トラッピー
無料のアンプリチューブに最初から入っているものをそのまま使ってレコーディングしてるよ!

おわりに~カラオケもアリ~

今回YouTubeにアップしたホールニューワールド用に作ったバッキングトラック(=カラオケ)もYouTubeにアップしています。

トオル
限定公開設定にしています。一般公開しているホールニューワールドの説明欄にリンクを貼っているほか、ブログやTwitterからも飛べます💨

カラオケはご自由にお使いください。
というか、実際に使ってもらえたらきっと嬉しくてテンション上がります。

ではでは(@^^)/~~~

  • この記事を書いた人
アバター

TORU

Candy and Trappyのギタリスト&作詞作曲を担当しています。 音楽を通じて色々な人と知り合いたいアラサー男子。ボーカロイドで楽曲の投稿もしています。

-ディズニー, 弾いてみた, 機材・DTM

Copyright© Candy and Trappy , 2019 All Rights Reserved.