機材・DTM

3モードのローゲインオーバードライブ「 Mojo Hand FX Magpie 」 レビュー

投稿日:2020年5月4日 更新日:



音抜けを良くしたいけど、アンプの音になるべく変化を付けたくない。

 

そんなギタリストに一度試してみて欲しい Mojo Hand FX 『Magpie』をご紹介します。

 

Magpieは、ブースター~クランチを想定したオーバードライブ。設定次第では、使用するアンプのトーンに近い音を出力しながらも抜け感を加えてくれる優れたエフェクターです。

海外エフェクター1番の楽しみ~開封の儀~

外箱が既にカッコいい!

 

トオル
海外のハンドメイドエフェクターって開封の時が一番楽しいと思えるのは僕だけじゃないハズ!

 

エフェクター本体とマニュアルしか入ってなさそうなイメージですが、これが意外とメーカーオリジナルの小物が付いてくるんです。シールだけだったり、直筆の手紙が入っていたりとさまざま。そういったものは内容物として記載されていないことがほとんどなので、開封の瞬間はワクワクしちゃいます・・・!

 

Magpieの付属品はこれだ!!!

 

Magpieに同梱されていたグッズ

 

付属品

  • キーホルダー
  • シール
  • ゴム足
  • 缶バッチ
  • ドリンクホルダー?
  • 麻袋

こんなに入れて大丈夫!?
というか、よくこれだけの小物を詰め込めたよ・・・

 

なんだか、スーパーマーケットの詰め放題セールを彷彿とさせるギュウギュウ感(笑)

 

トオル
このブログで何度かエフェクター紹介しているけど、こんなにグッズが入っているエフェクターは無かったよ!

 

WALRUS AUDIO DEFCON4
Walrus Audio ( ウォルラスオーディオ ) Defcon4のレビュー ~変わり種ブーストペダル~

WALRUS AUDIO DEFCON4 どうも! Candy and Trappyの伊藤(@Toru_Candy)です!   今回は、最近バンドの使用機材に仲間入りしたWalrus Aud ...

続きを見る

オーバードライブの名機Menatone Red Snapper miniレビュー

Menatone Red Snapper mini 「何系エフェクターが好き?」と聞かれたら、多くの方は”歪系エフェクター”と答えるハズ!   トオル他のエフェクターは買い足さないけど、歪系 ...

続きを見る

 

グッズでよく分からなかったのが紫色の袋。

 

底面にもロゴが描かれている

 

かなりしっかりとしたスポンジが使われています。

 

缶にフィットするのでドリンクホルダー?
ご存知の方がいらしたら是非教えてください!

Magpieはブースターに最適なローゲインOD

Mojo Hand FX 『Magpie』

 

「アンプのトーンを変えることなくプッシュする」

 

高級なエフェクターを表現するときに聞くようなキャッチコピーですが、『Magpie』は僅かにサウンドの変化を感じます。輸入代理店の紹介文にも同じニュアンスの文言がありました。

 

かんたん説明

ギターやアンプの持つトーンを変えること無く、そこに“あと少し”のエクストラキャラクターを望むプレイヤーのために設計された

引用:LEP INTERNATIONAL|Mojo Hand / Magpie

 

弾いてる本人にしか分からない程度にまで迫れます。というより、その設定が一番Magpieを活かせるポイント。もちろん、トーンノブがあるのでアンプとは違うサウンドキャラクターを作ることも可能です。ただ、エフェクター単体のサウンドはやや重心が低めで現代的なギターの音とは違うので、使いどころには難しいところ。

 

エフェクター単体で歪ませるのは悩むけど、アンプをプッシュさせる点において超優秀なのはVoyagerに似ていますね!

Walrus Audio( ウォルラスオーディオ ) VOYAGERレビュー~ブースターとして高評価の機種の実力は如何に!~

Walrus Audio VOYAGER   どうも! Candy and Trappyのトオル(@Toru_Candy)です。 巷で話題の歪系エフェクター『Walrus Audio VOY ...

続きを見る

 

YouTubeでMagpieのサウンドチェック

 

キャンピー
トオル君がYouTubeで次にアップする弾いてみた動画のギターパート全編で使うみたいだよ!

 

塗装の強度にまでこだわったエフェクター

Magpieの特徴は以下の通り。

こんな方におすすめ

  • トゥルーバイパス
  • フルレンジトーンコントロール
  • 3モードのクリッピングオプション
  • UVプリンテッドアートワーク
トオル
個人的には塗装が強いというのが一番うれしい!!

 

僕、塗装が剥がれているのとか苦手なんですよね。
ギターも機材も綺麗に保っておきたい!

 

僕みたいな綺麗好きギタリストにとってUVプリントしてくれているのは嬉しいです。

 

UVプリントとは

プリントしながら紫外線を当ててインクを硬化させること。皮膜が硬いため傷が付きにくいほか、日光による劣化作用に強い耐久性も兼ね備えています。

まとめ

サウンドはもちろん、付属品(グッズ)や塗装にまでこだわっているとは・・・!しかもUSAメイドで、日本での実売りが2万円ちょっとという価格。3万円台ならもうちょっと突っ込めるのですが、価格が2万円と聞くと「あと8,000円位上げていいんだよ?」と逆に心配しちゃうレベルの良質なエフェクターです。

-機材・DTM

Copyright© Candy and Trappy , 2020 All Rights Reserved.