未分類

在宅ワークに感じたデメリット。2年在宅ワークをしている僕が外に働きに出た結果

投稿日:2019年2月9日 更新日:


おはこんにちばんは。
Candy and TrappyのTORUです!

上記のツイートの通り外に働きに出ることにしました。
2年ぶりに雇われ仕事を始めた感想と在宅ワークのデメリットを書きたいと思います。

在宅ワークは良いことばかりではない

最近ではリモートワークという呼び方も一般的になりました。実は政府もリモートワークを推奨する構えなんです。

僕は在宅ワークを業務委託という形で行っています。

業務委託とは

企業に雇用されずに業務の依頼を受けること。いわゆるフリーランス。

在宅ワークの良くない点を挙げてみます。

 

武器と一定の技術がないと給料がすごく安い

正直、それなりの技術を持っている人じゃないと高校生の時給よりが安いです。
というより、技術がなければ報酬を上げるための交渉ができない。

 

僕の場合は「通勤時間無駄だなぁ~」といって業務経験無しでフリーランスになりました(笑)


最初の8ヶ月は金欠地獄。
趣味を極めている人が多すぎるんですよね。SNSでも気軽に仕事の依頼ができる時代なんで尚更、趣味の人達に勝たないといけないわけです。


最初なんて月に稼げたの4,000円ですよ(笑)

 

転機が仕事を始めて8ヶ月目。
ある企業が「クオリティはそこそこだけど納品が早くてミスがないよね!」という言葉が返ってきた時。

 

速さ極めよっと!

 

納期が1週間と言われたら4日で納品する感じ。
もちろん最初の数か月で技術と知識を上げるための勉強が役立ったのは言うまでもないです。

最終的に僕以外の人が関わるんだから、苦手なところは許可を取って他の人に任せちゃおう的な考えもあります。

ドラマやアニメみたいに全てが完璧な人はいないので、自分とは違う分野が専門で信頼できる人がいるなら、その人に任せた方が僕一人で完成させるよりもクオリティが上がりますし。

こういうやり方をしはじめた結果、仕事を頂けるようになりました。

 

在宅ワークは超だらしなくなる

お母さんにスゴク怒られました。
ヒゲ&ロン毛。

なんたって人と会わないんで仕事もパジャマのまんま。

ポイント

在宅ワークの多くはメールやチャットワーク、スカイプなどでやり取りします。

休憩しまくりの自由時間。

はたから見ればただのニートです。

たまの打ち合わせの時には気を使いますが、外に出る機会が少ないため服装にも興味が薄れます。

僕のようなだらしない性格の持ち主は、仕事モードにするためにオフィスカジュアルに着替えてからの着席がオススメです(笑)

 

人と話をしなくなる

基本メールやチャットなので家族意外と話をする機会が激減します。
実はここの部分で刺激が足りなかったので外にアルバイトをしに行き始めたわけです。

在宅ワークから外に出た結果「すでに辞めたい」

接客業を週3日で5時間程ですがすでに辞めたい・・・

 

結局、2年のうちにモノ作りが染みついてしまった様子。刺激を受けてもすぐに脳内変換しちゃうんでアウトプットをしたくて仕方ないです。僕は1日の内、家族以外と話をする日はほとんど無いので久しぶりの感覚で脳が活性化しているのかも。

人に関わりたくて外仕事を始めたけれど、僕は人よりも好きなものを作っているときの方が好きなようです。

外での仕事は本業にいい影響を与えているのは確かですが、計画を立てて仕事をしている僕としては「なんでこんなルール作っているの?」ということも多い。

おわりに

それにしても時給や月給っていう制度、改めて考えるとありがたい!在宅勤務OKの企業が増えてきている今の時代、フリーランスではなく、今後はそういった企業に就職ないしアルバイトを掛け持ちする方が賢い選択になりそう。

だれか、知り合いが増えそうな飲み会を開いてくれ!

  • この記事を書いた人

TORU

Candy and Trappyのギタリスト&作詞作曲を担当しています。 音楽を通じて色々な人と知り合いたいアラサー男子。ボーカロイドで楽曲の投稿もしています。

-未分類

Copyright© Candy and Trappy , 2019 All Rights Reserved.