機材・DTM

Studio OneでWAVES Vocal Riderを使うための設定方法

投稿日:

ボーカルライダーの画面

おはこんにちばんは。
Candy and TrappyのTORU(@Toru_Candy)です。

WAVESのVocal Riderを購入した後以下のようなことで困っていませんか?

かんたん説明

  • オートメーションを自動で書き込まない
  • 音量の差が無くならない

使い方が分からない人もいるかなと思うので、Studio OneでVocal Riderにオートメーションを自動で書いてもらうための設定をご紹介!

上手く設定できればツイートのような複雑で面倒なオートメーションを自動で書いてくれるようになります。

トラッピー
最後には勘違いしやすいポイントも書いてるぞ!

Vocal Riderの「WRITEボタン」を押すだけじゃダメ!

画面中央下のボタン

最初にVocal Riderを使用するトラックに追加しWRITEボタンをクリックしておいてください。

Studio OneではVocal Riderを表示していないとオートメーションを書き込んでくれません。Vocal Riderを表示したままにしておきましょう。

基本はWRITEボタンを押して設定は終了です。

 

トラックにVocal Riderのオートメーションを追加する


トラックの波マークをクリックすると表示される「ボリューム」と「パン」の設定画面。マウスをボリュームかパンに合わせて右クリックすると、画像のようなポップアップが表示されるので『追加/削除』を選択。

Studio Oneの「追加/削除」画面

追加/削除を選択すると必要な項目を入れ替えする画面が表示されるので、Vocal Riderのフェーダーを意味する『Rider Fader』を選択して追加をクリック。これで先程のトラック画面に新たな項目が追加されているはず。

ポイント

パンなど設定が必要無いものを削除しておくと画面がスッキリします。

Rider Faderを『WRITE』にする

Rider Faderの左上にある「オート:オフ」をクリックするとメニューが4つ表示されるので、その中から「ライト」を選択。これでVocal Riderが自動でオートメーションを書いてくれる設定が完了しました。

キャンピー
あとは再生ボタンを押したらオッケー♪

オートメーションを書き込んだら「リード」にする

Vocal Riderがオートメーションを書き込んだら、Rider Faderをライトから「リード」に変更してください。

 

注意ポイント

自動のオートメーションと言っても完ぺきでは無いので微調整が必要です。ライトのままにしていると、せっかく微調整しても再生する度に新たなオートメーションが書かれてしまいます。

おまけ:Vocal Riderの勘違いポイント

意外と勘違いしやすい

Vocal Riderの設定画面の左にある上下2つのフェーダーは、音量をどれだけ上げるor下げるかを決めています。このように説明されると、両方を限界まで狭めた方が音量差が無くなるイメージを持ちますよね。

 

それは間違い!

 

正式には、「小さい音をどのくらい大きくするか」or「大きい音をどれ位下げるか」というフェーダーです。

キャンピー
つまり2つのフェーダーを離した方が音量差が無くなるってことだね!
トラッピー
その通り!ただ、限界があるから、コンプレッサーなども併用する必要があるぞ!

 

おわりに

自動ってホントに便利。
オートメーションを歌詞1文字ずつ書くのって本当に大変なのでVocal Riderは1番買ってよかったプラグインだと断言できます。

僕も勉強中なので、一緒にボーカルミックスをがんばりましょう!(@^^)/~~~

  • この記事を書いた人
アバター

TORU

Candy and Trappyのギタリスト&作詞作曲を担当しています。 音楽を通じて色々な人と知り合いたいアラサー男子。ボーカロイドで楽曲の投稿もしています。

-機材・DTM

Copyright© Candy and Trappy , 2019 All Rights Reserved.