キャンP 機材・DTM

ボーカロイド5を使った「ユサブリ」をYouTubeとニコニコ動画で公開しました!

投稿日:

おはこんにちばんは。
Candy and TrappyのTORU(@Toru_Candy)です!

 

今日『ユサブリ』という曲をYouTubeとニコニコ動画にて公開しました!

 

ユサブリに関する内容やギターの機材、音作りについて書いていこうと思います。
ギターはいつもと違う音作りをしてるので機材好きな方はチェックしてみて下さい。

 

では!見ていきましょう!

ユサブリの歌詞

Everybody so carry on
そのすべてをぶつける相手など必要としていない
内に秘めてる純度の高いGold
Anyone notice not研ぎ続けて

君はいつも通り
その先まで何も入ってくる余裕はない
You give me a groove
その度また縛り付けてSo Crazy

Hit The Floor
激しく足を踏み鳴らす
その残響は雷轟の如し
君とのFirst Story
目に入るモノ受け止める術を持って
Let's(Oh)Body now

混ざり合う情と情
交じり合う戦場
その中心は生粋のStyle昇華させ拳上げたものの独壇場

Every day
いつ壊れてもオカシクナイ
そんなパーティをずっと繰り返して

Hit The Door
目の前の壁壊すのは他でもない衝動のScream
勢い任せに
そうさI'll be back Alright

君はいつも通り
その先まで何も入ってくる余裕はない
You give me a groove
その度また縛り付けてSo Crazy

Hit The Floor
激しく足を踏み鳴らす
その残響は雷轟の如し
君とのFirst Story
目に入るモノ受け止める術を持って
Let's(Oh)Body now

Hit The Door
目の前の壁壊すのは他でもない衝動のScream
勢い任せに
そうさI'll be back Alright

 

めちゃイケの爆烈お父さんがテーマだった

「今の状況を打破するための何か」

 

僕は自分で自分を変えるほどの強さは無いので、いつも友達や仲間に助けられています。
そこで上記の”何か”は人だと直ぐに考え付いたのですが、誰を題材にするのかが決まりませんでした。

 

悩んでいる中、なんでか頭の中に突然現れたのが爆烈お父さん

 

キャンピー
「爆裂」じゃなくて「爆烈」なんだよ!

 

なんでも壊してくれそうなイメージ!
爆烈お父さんをヒントに強烈な性格の友人と自分とのやり取りを客観的に観察して歌詞を作りました。



音作りの要は「コイルタップ」

50s Gibson lespaul standard

ここからは機材紹介!
ユサブリで使用したギター僕の愛用ギブソンレスポールです。

 

僕のレスポールについてはこちら


50s Gibson lespaul standard
メインのギターをレスポールからストラトへ変更

レスポールをメインに今まで使ってきましたが、 一本を使いすぎるとやっぱりガタが来てしまいますね💦 メインのレスポール ガタが来ている部品を変えるため、 ちょっと休憩させるGibsonレ ...

コイルタップについてはコチラ


コイルタップでストラトっぽい音になる?音色比較してみた

おはこんにちばんは。 Candy and TrappyのTORU(@Toru_Candy)です。 レスポールのサウンドバリエーションを増やすことを目的として定番の配線改造『コイルタップ』。 僕のレスポ ...

ギターを紹介したところで、『ユサブリ』で使ったギターサウンドの重要ポイントを最初にお話ししますね!

 

コイルタップをかなりの頻度で使い分けている

どこでどう切り替えているのかは以下の通りです。

コイルタップ操作をしたところ

  • イントロのリフ
  • 2番Aメロのカッティング
  • BメロのRチャンネル
  • サビのRチャンネル
  • Cメロ(Alrightを繰り返しているところ)のバッキング
  • ギターソロの最初
  • ギターソロ時の8分で刻んでいるバッキング

僕のレスポールはコイルタップすると、今はレースセンサーエメラルドだけが音を出すようになっています。
レースセンサーエメラルドはシングルコイルで有名なテキサススペシャルに近いとされる音(のハズ)。

 

今回はギターソロの前半と後半でシングルコイルとハムバッカーのサウンドを使い分けている点と、僕のストラトの音色が『ユサブリ』に合わなかったため、珍しくギターを1本しか使っていません。

キャンピー
TORUはいつも無駄にいろんなギターを弾くんだよ!

 

メンバーの皆さん、いつもご迷惑をお掛けしています(笑)

ユサブリで使用したアンプとエフェクター


曲を聴いて頂くと分かるように結構荒々しいバッキングのギターサウンド。
コードをじゃかじゃか弾く場合はアンプだけの方が気持ちいい音に感じてるので、今回はギター同様珍しく歪系エフェクターはソロ以外使っていません。

ちなみに使ったのはお馴染みのMarshall 2525H。
シルバージュビリーの愛称で人気のある同社の2555Xを家庭用に小型化したアンプです。

ギターソロの前半も2525Hの音です^^

 

エフェクター

使用したエフェクター

  • Analog.man:CompROSSor
  • BOSS:VF-1(オクターバーとして)
  • BJFe:Honey Bee OD
  • ROCKMAN:XPR

ポイント

  • カッティング:ROCKMAN (Clean2)+CompROSSor
  • Cメロのアルペジオ:ROCKMAN(クランチ+コーラス)
  • サビのリードギター:ROCKMAN+VF-1
  • 1番サビ終わりのスウィープフレーズ:ROCKMAN

Analog.manは僕のクリーン音で無くてはならないエフェクター。
コンプレッサーの名器”ROSS”を再現した機種のようです。

音質自体に丸みがあります。
音の角を取ってくれると同時に、バンド演奏を普通にすると浮きまくる純クリーン音でも馴染んでくれるのでオススメ。

created by Rinker
¥27,000 (2018/11/17 02:34:36時点 楽天市場調べ-詳細)

 

まとめ

ということで『ユサブリ』のまとめでした!
是非、YouTubeのチャンネル登録やニコニコ動画のフォローを宜しくお願い致します(ノ_ _)ノ

ブログを書いてて思ったんですが、いつも使う機材が一緒。
設定を載せた方が良いかもしれないですね!

 

ではでは(@^^)/~~~

  • この記事を書いた人

TORU

Candy and Trappyのギタリスト&作詞作曲を担当しています。 音楽を通じて色々な人と知り合いたいアラサー男子。ボーカロイドで楽曲の投稿もしています。

-キャンP, 機材・DTM

Copyright© Candy and Trappy , 2018 All Rights Reserved.