機材・DTM

見落としがちなストラトのトレモロスプリング調整方法~難しい話なし~

投稿日:

おはこんにちばんは
Candy and TrappyのTORU(@Toru_Candy)です!

 

みなさんジェフベックってご存知でしょうか?
ギタリストなら知っている人も多いと思いますが、知らない人のためにYouTubeを貼っておきますね!

 

Over The Rainbow

ジェフベックさんが演奏するオーバーザレインボーを見て頂くと分かる通りアーミングしまくり!
調整がされていないストラトだったら、チューニングが狂いまくって1曲通して弾いていられません。

 

キャンピー
調整しないと、ちょっとアームを使っただけでチューニングが狂っちゃうもんね💦

 

僕はジェフベックさんが大好きなので、コピーをかなりしました。
ジェフベックさんのコピーは、いかにアーミングでチューニングがズレないように調整するかが重要。

 

トラッピー
アーミングでチューニングが狂わなければ、表現力の幅が広がるぞ!

 

今回はナットに潤滑剤を塗布したりロックペグに交換したりする定番のチューニング安定方法ではなく、トレモロスプリング(バネ)の基本的な調整方法を書いていきます。アーミングのし易さだけでなく、実はチューニングの安定に影響してるんだぜ!

チューニングが狂わないアーミングの第一歩は「バネ(トレモロスプリング)」の調整

ストラトの裏蓋を開けるとバネが数本引っ掛けられていますよね。
このバネが影響しているのは「トレモロユニットの位置」と「アーミングの操作性」

 

かんたん説明

  • バネの調整でトレモロユニットのべた付けやフローティングといった位置を決める。
  • 弦の張力と釣り合うようにバネを調整すればチューニングが安定する。

 

弦を張った時のトレモロユニットは弦の張力によって引っ張られている状態。
トレモロユニットが弦に引っ張られ過ぎないようにバランスを取っているのが「バネ」。

 

トラッピー
バネはアームダウンされた時にトレモロユニットを元の位置に戻すことにも一役買ってるぞ!

 

つまり、弦の張力とバネの張力が合えば、トレモロユニットの基準となる位置が安定するためチューニングの狂いは少なくなります。

 

バネは伸びることで張力を増す

バネは伸びている方が力が強く働き安定するのは知っている方も多いですよね。
上記の理由から僕は柔らかいバネを使って意図的にバネを伸ばすようにしています。

 

バネ調整の基本知識を見ていきましょう!

画像の青丸にある2本のネジでバネを調節します。

キャンピー
ネジが付いてる部品は「ハンガー」っていうんだよ♪

ネジを締めるとトレモロユニットはボディに近づき、ネジを緩めるとフローティングになります。

 

弦のゲージによっても商品によっても張力が異なる

弦のゲージや商品自体を変えた時はハンガーのネジを調整しましょう。

バネを調整するとき

  • ある程度ハンガーを締めた状態でチューニング
  • チューニングができたらハンガーのネジを少し緩めてチューニング
  • フローティング具合を見て終了
  • フローティングしすぎている場合は弦を少し緩めてからハンガーを締めて再度チューニング

ハンガーのネジは1/4程度回すだけでも違いが出ますのでじっくり調整しましょう。


べた付けであってもアームダウンを使うとチューニングが狂う
ので、「アーム外してます!」というギタリスト以外は多少フローティングさせた方がチューニングが安定します。

まとめ

僕はアームアップすると3弦が1音半上がるように設定しています。
特に音程の変化幅に拘らなければベタ付けとフローティングさせ過ぎを防ぐ&バネを伸ばしておけばオッケー!

 

バネの本数や掛け方によってアームの操作性が違ってきます。
僕は正直、巷で言われているようなバネの本数による音の違いは分かりません。
そのくらいの差なので、本数については各々アームの操作性からしっくりくる本数を試してみてね!

  • この記事を書いた人

TORU

Candy and Trappyのギタリスト&作詞作曲を担当しています。 音楽を通じて色々な人と知り合いたいアラサー男子。ボーカロイドで楽曲の投稿もしています。

-機材・DTM

Copyright© Candy and Trappy , 2018 All Rights Reserved.