機材・DTM

真空管アンプとアンプシミュレーターはどっちがいいの?に僕が答えるならアンプシミュレーターと迷わず答えられる理由

投稿日:

おはこんにちばんは。
CaTのTORU(@Toru_Candy)です。

 

先日とあるライブハウスにフラ~っとお伺いしてきました。僕の癖で出演者の機材を観察するんですが、驚くことにアンプを使っているギタリストがいなかったんです!!正確に言うと皆さんアンプシミュレーターを使用していました。

 

近年アンプシミュレーターを内蔵したマルチエフェクターも多く販売されています。オールインワンとも言える機材は運搬や操作面でも便利ですよね。スタジオ練習の時も、マルチエフェクターのみで音作りしている人を見掛けます。

僕もアンプはプリアンプ部分しか基本使いません。

 

キャンピー
TORUはアンプを持っていくときはTorpedo Liveを使ってPAさんに出力してもらってるよ♪

 

先日のライブハウスの件があり、改めてアンプシミュレーターをおススメするならという体で理由を書いてみました。

アンプシミュレーター導入のメリット

  • エフェクターも内蔵されている機種がほとんど
  • 荷物をコンパクトにできるので運搬が楽
  • アンプを切り替えることで多種多様な音が作れる
  • ライブハウスの機材に影響されにくい
  • システムを組むより総額が少なく済む場合が多い
  • 実機アンプのようにメンテナンス代が掛からない
  • 宅録にも柔軟に対応している

キャンピー
良いことだらけだね!使わない手はない!って感じ♪
トラッピー
そうだね。もっと詳しく言うと、アンプシミュレーターは前もって音を作り込めるから安心して演奏できるよ。

パソコンに繋いでエディットするなど操作も楽

 

メリットが多い一方、「アンプシミュレーターでは真空管アンプの音圧を体感できない」「真空管アンプの扱い方を覚えられない」などがデメリットとして挙げられます。

キャンピー
スタジオでもボリュームとか上がったままの状態で電源が切られているのをよく目にするよ!

 

真空管アンプを使う経験そのものが特別なものなのは言うまでもありません。ですが、デメリットよりもアンプシミュレーターを使うメリットの方がたくさんあるように感じてます。

 

終わりに

今日はいつも以上にまとまりのない文章になってしまいました。
Twitterでつぶやくような内容をブログに書いてみたのですが、なかなか難しいですね。

これだけメリットを挙げておいてなんですが、僕は真空管アンプを使っています。というのも、真空管アンプ+キャビネットシミュレーターの組み合わせって最強だと思っているからです。

キャビネットシミュレーターの性能がバツグンなアンプシミュレーターが登場する日も近い!?

関連記事

HeadRushがコンパクトな「HEADRUSH GIGBOARD」発売するようなので人生初の試奏なし予約注文しました

  • この記事を書いた人

TORU

Candy and Trappyのギタリスト&作詞作曲を担当しています。 音楽を通じて色々な人と知り合いたいアラサー男子。ボーカロイドで楽曲の投稿もしています。

-機材・DTM

Copyright© Candy and Trappy , 2018 All Rights Reserved.