機材レビュー

御茶ノ水のESPテクニカルハウスにリペアを依頼したギブソンのレスポールが戻ってきました!


ギターリペアってどこが良いのか分からないですよね。

 

特に初めてギターをリペアに出す場合、ネットの口コミなどを見てみると、良い評判と悪い評判の両方があります。また、楽器屋さん経由で預けると、契約他社に送られてしまいリペアや改造の要望がキチンと伝わらなかったり、知識があるけれど技術は・・・だったり。

 

トオル
僕もこれまでに二度トラブルがありました💦

 

ということで、僕はリペアマンが常駐しているリペアショップに持って行くことにしています。今回は、ちょいちょいお世話になっている御茶ノ水にあるESPテクニカルハウスで、Gibsonレスポールの調整とパーツ交換を依頼してきました!

 

トオル
戻ってきたレスポールの評判をご覧下さい!

今回リペアを依頼したギブソンレスポールの元の状態

50s Gibson lespaul standard

Gibson レスポール

 

これがずっと愛用しているGibsonレスポールスタンダード50'sというギター。

 

見て分かる通り、だいぶ手を加えています。使い勝手は向上していますが、配線等も変更しているため、楽器屋さんに置いてあるギブソン・レスポールの音とはかなり異なる音です。

 

手を加えた箇所

  • ピックアップをレースセンサーに交換
  • コイルタップ追加
  • ピックアップセレクター反転
  • ナットをブラスに交換
  • T.O.Mをローラータイプに交換
  • ビグスビートレモロを搭載
  • ペグをロック式に交換
  • 配線材とコンデンサーをビンテージに交換
レスポール配線

レスポールの内部配線

lace sensor dually

ピックアップとT.O.M

購入したピックアップとチューンオーマチック

購入したパーツ

  • セイモアダンカン:SH-PG1b(パーリーゲイツ)
  • セイモアダンカン:SH-2n(ジャズ)
  • TonePros:TP6R-N

SH-PG1bとSH-2n

ピックアップは、ハイ(高域)がしっかりと出るパリ―ゲイツとジャズをセレクト。

 

トオル
ジャズは、フロントピックアップとして定番ですよね!ハイがやや強めでカッティングやアルペジオもとてもきれいな音が出ます。パーリーゲイツは、ビリー・ギボンズ氏のシグネイチャ―モデルでPAF系をアレンジしたピックアップです。

 

どちらも、ハムバッカーでありながらハイ、ハイ・ミッドに特徴があります。

 

結果から先にお伝えすると、フロントとリアのバランスが素晴らしく切り替えて使いやすいです。また、ハイが出ているため、レースセンサーを使っていたときよりもコイルタップ時のシングルコイル感が増しました!

TP6R-Nでビグスビー使用時のチューニングを安定させる

ビグスビートレモロの難点が「チューニングの不安定さ」です。ギターの調整次第である程度チューニングを安定した状態を保てるものの、より安定させるためにはパーツ交換は必須です。

 

ビグスビーにおすすめのパーツ

  • ロック式ペグ
  • ローラー式T.O.M
  • VIBRAMATE:スポイラー

 

僕のレスポールには、ロック式ペグとスポイラーは搭載済み。ただし、ローラー式T.O.MはAmazonで2,000円程で購入したもの。

 

これまで使っていたT.O.M

 

ローラー式T.O.Mに交換したとき、レスポールの音が丸みを帯びたものに変化したため、「チューニングを取るか、音を取るかの二択か・・・」と納得して使用していたのですが、一部Gibsonギターで採用されているToneProsからも、ローラー式T.O.Mが販売されているとのことで購入してみました。

 

こちらも先に結果だけお伝えすると、チューニングの安定はもちろん、生音にも「ジャリーン」とした成分が出て驚きました!

 

トオル
構造が違いもあるかと思うのですが、部品の精度や素材の違いも影響があるのかもしれません。

リペアに出したキッカケ

もともと半年~1年に一度はギターの調整をお願いしていましたが、今回はコロナ渦ということでライブやスタジオでの練習回数も少なかったため、約2年ぶりの調整です。

 

2年の間にアンプやエフェクターも大きく変わり、ギターとの相性によって好みも分かれてきました。

 

トオル
ハイゲインのアンプと高出力のピックアップとの相性よりも低出力のピックアップとの組み合わせの方が好みの音が出ていることに、実は半年前位から気付いていたんですよね💦

 

そのままにしておくと、せっかくの良いギターを部屋で眠らせることになってしまいます。これを解消するために調整も兼ねてピックアップを含む部品交換をお願いしました。

ESPのリペアから戻ってきたギターがこちら|フェイズアウトサウンドが出るようにしてもらいました!

 

 

フレットの美しさや調整具合など、非常にレベルが高いです。依頼する前も特に弾きにくさは感じていなかったのですが、ペアから戻ってきたレスポールは相当弾きやすくなって帰ってきました!

 

ここまでご紹介したピックアップとT.O.Mの他、コイルタップを頻繁に使用するため、よりスムーズに操作・切り替えができるよう、トーンポットを一般的なPush-Pullスイッチ付きのものからPush-Pushスイッチ付きのものに変更しました。

 

 

トオル
Push-Pushスイッチ付きポットは超おすすめです!

 

また、これまで使用するシーンが全く思い浮かばなかったセンター(フロントとリアのミックス)ポジションで、フェイズアウトした音が出るようにしてもらい、さらにサウンドバリエーションが増しました。

 

フェイズアウトとは?

ピックアップの位相を反転させることで、低音がカットされた音を出力すること。ワウペダルを半止めした音に近いサウンドが特徴です。ちなみに、フロントピックアップを反対向きにセットする必要はありません。

 

フェイズアウトの音は、個性的な音で好みは分かれます。しかし、ロックギタリストをはじめ、ワウペダルに親しみのある方やワウ半止めサウンドを耳にしたことのある方、飛び道具としての音が欲しい方には刺さるはず。

おわりに

リペアはどこも良い評判と悪い評判がありますが、僕の経験上、(御茶ノ水に限らず)ESPは技術が高くて安くて早いです。ギタークラフトの学校を運営しているためか、他社のリペアショップのように担当者で技術の差があることもなく、安心して利用できます。

 

リペア料金表はこちら

 

今回調整して頂いたレスポールはこれから大活躍する予定です!

-機材レビュー

© 2022