機材・DTM

【2020年度版】どうやってプログラマブルスイッチャーを選ぶ?僕が購入に悩むおすすめ機種3選!

投稿日:

緑の枠がスイッチャー

最近はマルチエフェクターが主流になりつつありますが、1つ1つのサウンドを自分の好みで選べるのがコンパクトエフェクターの魅力!でも、コンパクトエフェクターをズラ~ッと並べると切り替えがすごく大変ですよね・・・

 

そこで登場するのがスイッチャーといわれる機材。

 

トオル
スイッチャーはコンパクトエフェクターをまるでマルチエフェクターのよう音色を切り替えできるようにする魔法の機材だよ🎸

 

以前、スイッチャーを選ぶときのポイントとオススメ機材を紹介しましたね。

エフェクターボード組み込み
スイッチャーのおすすめ機種と購入前に確認する3つのチェックポイント

エフェクターをたくさん使うようになると、切り替えが不便ですよね? そんな不便さを解消し、さながらマルチエフェクター化したような操作性を実現する魔法の機材!プログラマブルスイッチャーをご紹介します。 僕 ...

続きを見る

 

今回なぜもう一度同じ内容を書くのかというと、僕が普段足元に置いているスイッチャーの型が古いので買い替えたいのと、以前のブログ記事以降、多くの機種が各メーカーから発売になっているため。

 

最新の機種には、スイッチャーの枠を超えた超便利機能が・・・!

 

トオル
今回は自分が試したり調べたりした結果、購入候補になっている3機種をまとめた忘備録的な一面も!

 

キャンピー
スイッチャーの基本的な使い方を交えて書いてるってよ✨

僕がスイッチャーを選ぶときのポイント

左側のエフェクターボードの左下の機種がスイッチャー

スイッチャーを初めて買う人も多いのでは?

 

値段はピンからキリまであるし機種もたくさん!
どれを買っていいのか分からなくなります。

 

でも、ご安心を!

 

実は使用目的をはっきりとしておくと、意外と機種が絞れてくるんです。

 

選ぶときのポイント①「プログラムする?しない?」

スイッチャーは、大きくプログラムできるものとプログラムはできないものの2つに絞れます。前者はプログラマブルスイッチャー、後者はスイッチャーやラインセレクター、フットスイッチなどと呼ばれています。

 

かんたん説明

  • プログラマブルスイッチャー:スイッチャーに繋いだエフェクターのON-OFFをプログラムさせることができる。複数のエフェクターを一括で操作できるので、さながらマルチエフェクターのような操作感を実現できる。
  • フットスイッチ:プログラムはできないものの、コンパクトエフェクターのスイッチを1ヶ所にまとめることで操作感がアップ。踏み間違え防止や音質劣化対策にも効果的。

 

頻繁に音色を切り替えるならプログラマブルスイッチャー。反対に、音色はほとんど切替えないけど、演奏に集中できるように操作性を向上させたいという方はフットスイッチ。そんな認識でOKです。

 

トオル
操作性や拡張性、買い替えなどで売る時のことを考えると、予算に余裕があるならプログラマブルスイッチャーがオススメではあります。

 

選ぶときのポイント②「MIDI機能は必要?いらない?」

MIDIを搭載しているコンパクトエフェクターって増えていますよね!

 

MIDI機能とは

エフェクターにおけるMIDIとは、命令の伝達に使われる規格のようなもの。動作の命令を出す機器(スイッチャー)と命令を受けるデバイス(エフェクターやアンプなど)の2つが揃って成り立ちます。デバイス本体に保存したプリセットをスイッチャーで即座に呼び出すことが可能です。

 

MIDI機能のあるエフェクターやアンプを使っているなら、MIDI機能を有しているスイッチャーを選ぶことで、お持ちのデバイスを使い倒せます。

 

トオル
1度に何台のMIDIデバイスを操作できるかもスイッチャーによって異なるので、スイッチャーの仕様書を確認しましょう!

 

MIDI用語

  • MIDI PC = MIDIプログラムチェンジ
    PCはプログラムを変更するもの
    例)バンクやプリセットの変更
  • MIDI CC = MIDIコンロールチェンジ
    CCは主にパラメーターを変更するもの
    例)ディレイタイムの変更

いくつのMIDI機器を同時に使用するのかを想定することも大事です!

 

選ぶときのポイント③「エフェクターは何個繋ぐ?」

エフェクターを並べた様子

”ループの数”もスイッチャー選びの重要なポイントです。

 

例えば5台のエフェクターを繋いで操作したいのに、スイッチャーのループの数が4つしかないと困っちゃいますよね?スイッチャーは高価なもので頻繁に買い替えることは難しいので、将来的にどうしたいかも踏まえて選ぶのがオススメ。

 

キャンピー
近いうちにエフェクターを買い足すかも!という方はループの数に余裕を持たせておくとバッチリだよ✨
トラッピー
ただし、ループ数が多くなるのと比例してスイッチャーのサイズが大きくなるぞ! 

僕が購入候補として絞ったスイッチャー3機種

今回ご紹介する機種の選定ポイント

ざっくりと

  • 6ループ以上のプログラマブルスイッチャー
  • アンプのチャンネル切り替えができる
  • MIDI対応
  • 便利機能がある
  • 選択しているプリセット、バンクが分かりやすい

上記の要望を楽器屋さんに伝えて見させていただきました!

 

違うエフェクターも見ちゃったり

 

トオル
どれもユーザーフレンドリーかつ便利機能が便利すぎてスゴクいい機種!

 

BOSS『ES-8』

 

BOSS ES-8がいいなと思ったポイント

  • 8ループに加え、ヴォリュームペダルを接続するループも搭載。
  • ループに接続したエフェクターは接続順はプリセット毎に変更可能で、空間系を使用するときに便利なパラレルルーティングも可能。
  • 各ペダルへの機能割り当てをカスタマイズできる。
  • プリセット毎にバッファーのONOFFの設定が可能。
  • アウトプット・バッファーをOnにすれば、パッチ毎にボリューム調整(0からマイナス方向のみ)ができる。
  • インプットとアウトプットを2系統搭載。ギターの持ち替えやアンプの使い分けOK
  • MIDIはPC・CCを8ch同時送信。

 

実は以前使っていたスイッチャーです。
今はES-5をラックに入れてプリアンプやエフェクターの切り替えに使用しています。

 

Bossのスイッチャーが万能すぎるからラックにも導入することにした経緯

次々と新製品が発売されるエフェクター。 どの製品も良い音が作れるので迷ってしまいます。 曲ごとに出したい音って変わってくるし! 欲張りすぎるとライブで再現できないのでスイッチャーがあると便利。 という ...

続きを見る

 

中古価格の相場が4万円台となっているのでコスパ最高!

 

トオル
アナログ回路ということで気にされる方はいる方思いますが、使ってみると音質劣化などは感じません。スイッチャーで考えられることの大半はES-8でカバーできます。

 

 

Musicom LAB『EFX-LE』

EFX−LEのいいなと思ったポイント

  • 320mm(W)× 96mm(D)× 68mm(H)とコンパクトサイズ。
  • 6ループ+ボリュームペダル用のループの合計7ループ。
  • ソングモードで、作ったプリセットを曲毎にセットすることができる(99曲分)
  • ソングモードは、ライブで演奏するセットリストに合わせて順序を変更できる(=セットモード)
  • スピルオーバー機能搭載
  • ハムノイズや位相の問題を回避するISOアウトを装備
  • ソングネームやプリセットネームを表示
  • MIDIはPC・CCを8ch同時送信。

 

エフェクターの接続順やバッファーのON-OFFをプリセット毎に変更できるなど、BOSS ES-8と似ていますね。しかし、EFX-LEにはES-8にはない「ソングモード」「セットモード」がある点で大きなアドバンテージがあるように思います。

 

ソングモード、セットモード

スクリーンショット

 

作ったプリセットを曲名を付けたバンクの任意のスイッチに登録するのがソングモード。つまりソングモード時はバンク=曲名になります。ソングモードで作ったバンクの順番を登録するのがセットモードです。

 

トオル
ソング&セットモードは、ライブはもちろん、練習を計画的に進めている方にとっても非常に便利な機能です。

 

 

Free The Tone『ARC-4』

ARC-4のいいなと思ったポイント

  • アンプが常に一定のインピーダンスの信号を受け取れる「HTSサーキット」搭載
  • MIDI PC=16、MIDI CC=8同時送信が可能
  • プリセット、バンク、MIDIチャンネルにネーム登録ができる。
  • バンクを自由に入れ替えできるセットモードを搭載
  • ユニバーサル電源(100~240V)対応
  • ブースト機能搭載
  • 位相反転機能搭載
  • 誤動作を防ぐロック機能あり
  • 汗などの水分が本体に落ちても、内部まで侵入しにくい構造

最後の1台は話題のスイッチャーFREE THE TONE「ARC-4」です。正直、ARC-4は価格が10万円を超えるだけあって機能や音質面のほか、本体保護や誤作動のことなども考慮されていて敵無しのスイッチャーだなと感じました。

おわりに

悩んでしまうくらいに素晴らしい機種。

 

もちろん、ここで説明した以外にも3機種の特徴はたくさんあります。3社ともマニュアルのダウンロードが可能なので見比べて決めようと思います。

-機材・DTM

Copyright© Candy and Trappy , 2020 All Rights Reserved.